仕事中眠いせいで困っていること

仕事中眠い時に効果のある3つの厳選眠気対策とは?

仕事中眠いことに悩む東京下町育ち、東京在住のサラリーマンです。

本当の僕はメチャメチャ温厚なんですけど会社ではなぜか、いつもイライラしていて近寄りがたい人と思われています。

なぜ、そんなことになっているかというと仕事中に眠いことが原因なんです。

ほとんど夜更かしすることもないし、睡眠不足という自覚もないのにとにかく日中睡魔に襲われて眠くなります。

眠い時間もこれといって決まりがなく、仕事が
はじまってすぐの9時に眠くなることもあれば
10時であったり、13時であったり、15時であったり
という感じで眠気が襲ってきます。

僕の仕事は書類を作成をすることがメインでメール
のやり取りもかなり多く、とにかく文章を書くことが
多いです。

それで、眠い時に文書を書くとついつい
イライラしてしまいます。

また、イライラするだけでなくて眠気におそわれて
いるときに書いた文章は誤字脱字が多く、意味不明な
文章になってしまったりとミスも多くなるんですよね。


ミスが多ければ会社からの評価も下がりますし
イライラしていれば同僚からも嫌われます。

また、同僚と上手にコミュニケーションがとれなければ
これまた会社からの評価を落とす原因になってしまうん
ですよね。

とういことで仕事中の眠気を解消しなければ、人付き合いも
会社での出世にも支障をきたしてしまうので何とか
解決しなくてはと考えるようになり効果のある眠気対策を
調べてみました。

それで効果のある眠気対策はこのページにまとめましたので
私と同じように仕事中に眠いせいで仕事に支障をきたしている
ならごらんになってみてください。

仕事中眠い時に効果のある厳選眠気対策3選

ちまたで話題の眠気対策にはストレッチ、ツボ押し、息を止めるなど
いろいろとあります。

ストレッチは効果が感じられるようなしっかりとしたストレッチを
習得すれば、眠気対策になるのかもしれません、

でもいろいろ試したのですが、眠気対策に効果のあるストレッチの
習得はできませんでした。

ツボ押しも同じでした。

息を止めることで目が覚めるというのはホントかどうか真偽のほどは
わかないですが、息を止めるというのは生命の危険を察知した脳が
「寝てる場合じゃないぞ~」という命令を出すなのだとか。

でも、脳に命の危険を感じさせるような行為が良いわけないと
思うのでこれはどうかと思います。

それではどういった方法が眠気に効果があるのか、厳選した
3つの眠気対策を紹介します。

Lテアニン配合の快眠サプリメントを飲む


その場しのぎと言うかその時かぎりの対策では
仕事中の眠気対策の根本的な解決にはなりません。

それでは仕事中に眠いということにならないた為の根本的な解決は
どうすれば良いかという視点で選んだのが、Lテアニンが200mg
配合されている快眠サプリです。


なぜテアニンが配合されている快眠サプリを選んだかと言うと
仕事中に眠くなるのは夜の睡眠に問題があると思ったからです。


テアニンは起床時の疲労感や眠気を軽減する機能や一過性の作業に
よるストレス(精神的負担)をやわらげる機能があることが報告
されていて次のようなことに該当する人の睡眠改善をサポートして
くれます。


・眠気を感じる
・睡眠が足りない
・思うように眠れない
・寝起きに疲労感を感じる
・睡眠の質に満足できない


それでは配合量を200gmとしているのはなぜかというと
テアニンが配合されている機能性表示食品のページで
公開している臨床試験が1日に200mgのテアニンを摂取する
という条件にしていることが多いからです。

臨床試験で採用している配合量より少ないと、同じ効果が
得られない可能性もありますからね。


ということでテアニンが200mg配合されている快眠サプリを
選びました。

と言ってもテアニンが200mg配合されている快眠サプリは
いろいろあるのですが、僕が選んだのは機能性表示食品の
リラクケアです。

選んだ決め手はお財布に優しいということです。


テアニンが200mg配合されている他の快眠サプリは
定期コースで購入しても4900円から5900円くらいとちょっと
高いんですよね。しかも、定期コースは3回や5回といった
最低の購入回数が決められていました。


それと比べてリラクケアは定期コースの初回価格が
1,390円と安くて、2回目以降も2,780円と他と比較してかなり
安い価格でした。

定期コースの解約も回数の縛りが無くて初回で
定期コースを解約することもできます。

これならお財布にも優しいし、安心して申し込め
ますよね。


また、テアニン以外にもGABA(ギャバ)が100g配合されて
いたことも決めてになりました。

GABA(ギャバ)はイライラを抑えてリラックス効果が見込め
質の良い睡眠のサポートが期待できます。

また。それ以外にも高血圧の血圧降下作用、中性脂肪とコレステロールの
数値の抑制をサポートするので糖尿病や動脈硬化に不安のある僕には
摂っておきたい成分でした。


まあ、こういったことはおまけのようなものなので、まずは仕事中の眠気の
改善の効果を確認します。

経過については、あらためてこのページで報告しますが、リラクケアについて
詳しく知りたい方はこちらでリラクケアの詳細を確認してみてください。

リラクケアの詳細はコチラです

カフェインの摂取

コーヒーやお茶のカフェインで眠気をさますというのはド定番
ですね。

でも、日中はお茶とコーヒーばかり飲んでいるのに眠くなって
いるので僕には効果がないのはあきらかです。


それでもいちおうカフェインの眠気対策への効果を調べて
みました。


●脳内には眠気を感じさせるアデノシンという物質があり、アデノシン
が溜まってくると強いを眠気を感じるらしいのですが、カフェインには
そのアデノシンの働きを抑制する効果があって眠気を飛ばせるという
ことでした。

ただ、カフェインに耐性があるとその効果もあまり期待できない
のだそうです。

また、アデノシンの働きをカフェインで抑えるとアデノシンが
たくさん作られようになり、その際のメカニズムで疲労や眠気が
さらに強くなってしまうこともあるとのこと。

ということは僕の場合、このメカニズムのせいで眠くなって
しまうのか、カフェインへの耐性があるので眠くなるのかのどちらかが
眠気の原因なのかなと思います。

ちなみに僕がカフェインへの耐性が強いとしても、それは特別な
ことではなくて、そもそもお茶を飲む習慣のあった日本人はカフェインへの
耐性が強いと言われているそうなので、カフェインが眠気対策に効果が
ないのは僕だけではないと思います。

また、カフェインを調べていたら怖い副作用のことを知ることに
なってしまいました。ちょっと怖いな・嫌だなと思った副作用がこちらです。


・軽度の鬱
・不眠症
・高血圧
・睡眠障害
・疲労感
・頭痛
・不整脈
・心拍数増加


カフェインは交感神経を刺激して体を興奮させる働きがあるのですが
これが、多くの副作用を引き起こす要因になっているようです。

ということで、これまでカフェイン系の飲料ばかり飲んできた僕の場合、
カフェインを眠気対策の活用することよりもカフェインの摂りすぎを
控えるようにするという結論になりました^^;



15分間の仮眠をとる



15分間の仮眠がはハマるとメチャメチャ眠気対策の効果があります。

僕の場合は、ハマる確率が高くないですがハマった時は、ほんとに
すがすがしいくらい頭がスッキリします。

これはとってもクセになってしまうのですが、どうすれば
ハマるのかわからないことが難点です。


また、仕事中に15分の仮眠をとるというのも恵まれた環境の人だけ
かれもしれないので万人向けではないですかね。


さて、眠気対策として仮眠は効果があるのですが、仮眠時間を長く
とりすぎると逆効果になるので注意が必要です。

仮眠時間は長くても20分以内が良いと言われています。

深い眠りにはいってしまうと眠気をひきずってしまうので、浅い眠りの
うちに仮眠を終了しないといけないのですが、だいたい20分間くらいで
深い眠りにはいってしまうので仮眠は20分以内にしましょうと言われて
います。

もし、日中に15分間の仮眠ができる環境なら是非いちどは試してみて
欲しいと思います。


仕事中の眠気を根本的に解決したい人はコチラ